Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

校正刷り

シール印刷の場合、印刷するだけでなく、ラミネート、抜き、エンボス、箔押し、糊殺しなどなど、加工が様々で、色々なものを組み合わせて、色々な表現ができるところが特徴です。

現在、エンボスのシールの問い合わせが来ていて、文字を浮き立たせるのか、押すのか、どの程度オウトツをつけるのか、紙は何にするのか、そのほかの加工は必要なのか?など色々と検討しています。

エンボスシール例

大体、仕様が固まってきたのですが、加工が複雑になってくると、本番の印刷をする前に、校正刷りが必要となってきます。できるだけ、校正刷りしなくて済むようにしていますが、仕上がり状態が予想しにくい場合は、実際の印刷する方法で、校正刷りすることとなります。校正刷りの場合は、その程度によって、必要となる金額が変わります。版代や刃型代なども校正刷りの時jに費用が発生してきます。必要があれば、複数枚の版を用意したりします。

それまでに、この加工は実際できるのかどうか検討し、加工が難しい場合は、事前にお客様にデザインの変更をお願いする場合があります。

こういった仕事は、お客様とどれだけ意思の疎通が図れるかがとても重要となってきます。
そして、お互いに納得するものができた場合、私はとても充実感があります。

来週、校正刷りをします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へにほんブログ村 企業ブロ?O その他サービス業へ




スポンサーサイト

訂正シール(アミの場合)

訂正シールは色々なタイプがあります。
その都度、ご紹介していきたいと思います。

先日は、箱に表示されている文字が間違っていたので、その部分の訂正シールのご注文をお受けいたしました。

箱には、オフセット印刷で特色1色で印刷されており、アミとベタの部分がありました。アミの%によって模様も入っていました。

訂正シールで気をつけているのは、貼った時、どれだけ貼ったことがわからないようにするかです。そのため、紙質や色や形を考えて印刷します。
また、たくさんの枚数貼る場合は貼る手間がかかるので、シールの大きさなども考慮して、できるだけ貼りやすいシールにしています。

アミ部分があると、色合わせが非常に難しくなってきます。ベタ部分は色が合っているけど、アミの部分が合わないという場合があります。

貼る部分の印刷時にどのようなインキの配合で印刷したかによってアミ部分の色の調子が変わるからです。こちらもどのような配合で印刷するかにもよります。

また、印刷方法がオフセット印刷とトツ版印刷(もちろん、オフセットで訂正シールを作る場合もあります)と違うので、アミの雰囲気も違います。

今回の訂正シールの場合は、箱の印刷時に色指示がDICの色チップ(あるインキメーカーの色の見本帳でよく使われており、色の共通言語のようなものです)でされていたので、訂正シールの印刷時にもその色チップに合わせてインキを調色すれば良く、問題なく色を合わせることができました。

そのような場合でなければ、アミ部分のインキを1色作り、文字部分のインキをまた別に1色作り、2色印刷する場合もあります。これは、訂正する部分を見て判断しています。

このように、現物を見て、最もふさわしい印刷方法、色数、紙質、形状を選んで印刷しています。

最も簡単なのは、黒1色の印刷です。この方法が一番安くて早いです。

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へにほんブログ村 企業ブロ?O その他サービス業へ

ポーケン

いろんな機械があるもんですね~。ポーケン(POKEN)というものです。スイス製です。

毎月参加している、異業種交流会で出品されていました。

ポーケン(POKEN)

相手との情報交換に使うものです。
ポーケン

この右側の手のような形を相手の手と合わせるとお互いのデータを交換できます。
そして、この機械をパソコンのUSBに差し、相手の詳しい情報を知ることができます。

”ハイタッチ”のようにして情報を交換し合うのがかわいらしいですね。

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へにほんブログ村 企業ブロ?O その他サービス業へ


不器用ですから

子どもの頃見た映画で、高倉健が「不器用ですから」と言っていたのを覚えています。
自分はこの生き方しかできないんだ。これで精一杯生きているんだというようなイメージが残っています。

印刷は、細かい作業をするので、器用な方が向いています。また、少し神経質な方が向いているように思います。

私自身、器用だと思っているのですが、嫁さんに言わせると「不器用」らしいです。

他人から見るとそう見えるのであれば、そうなのかもしれません。

しかし、不器用でも、これをなんとか作りたいとか、なんとかキレイに仕上げたいとか本当に思うと、色々とやり方を考えたり、材料を選んだり、使用する道具を選んだり、作ったりして、色々と工夫をしたり、理屈を考えたりします。

そうすると、器用な人と同じようにできたり、次にはもっと良いものができたりするんではないかと思います。

また、不器用でもコツコツとやり続けることができる人も、同じことが言えると思います。

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へにほんブログ村 企業ブロ?O その他サービス業へ

巻き取り仕上げの継ぎ目

昨日は、自動貼り機でシールを製品に貼っていっているお客さまのところへ打合せに行ってきました。

先日、継ぎ目のところから切れたということでクレームの連絡をいただいており、色々と原因を考え、今回継ぎ目部分を改良した試作品を製作して持っていきました。
継ぎ目の形状や継ぎ目に使うテープの材質、形状を全て見直しました。

見た目も丈夫そうで、これならいけそうという感想をいただいた後、機械にセットし、わざとたくさん作った継ぎ目で切れることがないか、確認していただき、OKをいただきました。この機械は貼るだけでなく、賞味期限を印字もするので、印字で問題がないかどうかも確認していただきました。

その他、現場に合った包装形態にしてもらいたいと、他のクレーム(要望)もいただき、納品したシールを持ち帰り、それらを全て対応したシールに仕上げて、再度納品することになりました。

継ぎ目部分は今まで他のお客様からクレームがなかったので、問題ないものと思っていましたが、今回のことで、継ぎ目についてはこの方法を社内基準とすることにしました。勉強させていただきました。

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へにほんブログ村 企業ブロ?O その他サービス業へ

Appendix

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

つぶやき

ランキング

にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ その他サービス業へ にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ブログ内検索

Extra

プロフィール

シール屋おやじ

Author:シール屋おやじ
シール・ラベル、ステッカー、カッティングシールなど、貼るもののことなら、「シールといっしょ!!」のエイコー印刷までお問い合わせください。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。