Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水溶強粘

昨日に引き続き、材料についてご案内いたします。

透明フィルムでよく使われるPET透明#25、#50は、従来は溶剤強粘の粘着剤のものしかありませんでしたが、現在、水溶強粘の粘着剤のものもご用意しています。

フィルムの値段が約2割程度安いため、コスト削減におすすめです。屋外で使用し、水などに濡れずに、短期間しか使用しないシールなどにお使い下さい。

しかし、水に濡れると、白くなったり、粘着力が低下したり、紫外線に弱く、黄変する場合もあります。

溶剤強粘か水溶強粘か、用途によって使い分けて下さい。

用途に最も合った、性能も値段も最適なシールをご提案させていただきます。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へにほんブログ村 企業ブロ?O その他サービス業へ
スポンサーサイト

再はく離のり

シールラベルの特徴として、「貼る」ということがあげられます。

「貼る」場合でも、永久に貼っておく場合もあれば、必要がなくなったら「剥がす」場合もあります。その場合、「再はく離のり(粘着剤)」の素材を使用します。

基材が「紙」の場合は、「弱粘再はく離」しかありません。それでも粘着が弱いようだと「弱粘」という素材を使用する場合もありますが、剥がした時のりが残る場合があります。

基材が「フィルム」の場合は、従来は「強粘再はく離」「微粘着」の2種類がありましたが、この度、「強粘再はく離」よりも粘着力が強い「スーパー強粘再はく離」と「微粘着」よりも粘着力が弱い「ノンタック」がラインナップされました。

粘着力が弱い順に、「ノンタック」「微粘着」「強粘再はく離」「スーパー強粘再はく離」となりました。(分かりやすくするために製品名は使用していません)

「ノンタック」は、フィルム、ガラス、鏡など、店内POPや液晶画面保護などの用途に使われます。吸い付くように張り付き、エアーが入りにくく、剥がす時に全くのり残りがありません。また、粘着剤の透明度ももっとも高いものです。

「微粘着」ものり残りがなく、テレビ、冷蔵庫などの家電品、家具のディスプレイ、レンズ、プラスチックの保護などの用途に使われます。

「強粘再はく離」は、耐候性に優れ、窓ガラス、ショーウィンドウ、自動販売機のディスプレイに使われます。屋外の使用にも対応し、のり残りがありません。

「スーパー強粘再はく離」は、「強粘再はく離」より更に粘着力が強く、従来の再はく離の粘着剤では剥がれていた場合にも使用することができます。

詳しくはエイコー印刷までお問い合せ下さい。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へにほんブログ村 企業ブロ?O その他サービス業へ

Appendix

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

つぶやき

ランキング

にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ その他サービス業へ にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ブログ内検索

Extra

プロフィール

シール屋おやじ

Author:シール屋おやじ
シール・ラベル、ステッカー、カッティングシールなど、貼るもののことなら、「シールといっしょ!!」のエイコー印刷までお問い合わせください。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。